Category: 未分類

赤ちゃんを産んだら薄毛になる?産後脱毛
0

赤ちゃんを産んだら薄毛になる?産後脱毛...

薄毛に悩んでいる人はたくさんいるでしょう。 男性に多いイメージがありますが、実は女性でも深刻に悩んでいる方はたくさんいらっしゃいます。 薄毛の状態を進めないためには、毎日のケアが非常に大切になってきます。 シャンプーの仕方やドライヤーの使い方など、少し工夫するだけで髪の毛の状態は改善されていきます。 髪の毛の状態を良くするためには、まずは生活習慣を整えていくことが大切です。 特に食事は髪の毛を作るための栄養源になりますので、しっかりとバランスの良い食事を摂るようにしましょう。 薄毛対策に効果的な食材はたくさんあります。 まずは納豆です。 納豆には髪の毛を作る元になるタンパク質や、男性ホルモンの分泌を抑えることができる大豆イソフラボンが豊富に含まれています。 血液をきれいにする効果がありますので、血流が良くなり頭皮の血行促進に期待することができます。 レバーも髪の毛が丈夫に育つための環境をしっかり作っていってくれます。 髪の毛の主成分であるタンパク質や、頭皮の新陳代謝を高めることができるビタミンB群を含んでいます。 緑黄色野菜にも髪の毛に良い成分が含まれています。 ビタミンB群だけではなく、頭皮の健康を保つためのビタミンAなどが多く含まれています。 生野菜で食べることももちろんいいのですが、油で炒めるとなおさら吸収率が高まります。 ナッツ類も効果があります。 ナッツ類に多く含まれているビタミンEは髪の毛の成長に大きく効果があります。 いわしなどの青魚も効果があるでしょう。 髪の毛を作るために必要なタンパク質や亜鉛、頭皮の新陳代謝を促進してくれるビタミンB6などがたくさん含まれています。 女性の場合は出産をした後にも薄毛の症状が進行してしまうことがあります。 妊娠や出産をすることによってホルモンバランスは崩れてしまいます。 出産から3ヶ月ぐらい経つと抜け毛の量が増えてしまいますので、きちんとお手入れをしていかなければなりません。 産後脱毛が良くならないときは 産後の薄毛は、普段以上に気になるものです。 特に前髪に現れてしまうことが多く、産後に薄毛で悩んでいる方はたくさんいらっしゃいます。 産後には赤ちゃんの夜泣きなどで睡眠不足になりますし、ストレスも溜まりやすい時期です。 産後に起こりやすい産後脱毛は、きちんとケアをしていくことで防ぐことができます。 産後の薄毛は一時的なものですので、産後脱毛をあまり気にすることはありません。 しかし、実際に薄毛になってしまいますと、少なからず気になるものです。 抜け毛にショックを受けて気にしてしまうと、ストレスが溜まってしまってさらに薄毛になりやすくなってしまうこともあります。 生活習慣を見直していくことも大切です。 赤ちゃん中心になってしまうとどうしても生活リズムは乱れてしまいます。 ゆっくりできるときにゆっくりするようにしましょう。 産後脱毛には大豆イソフラボンが非常に大切です。… Read more

薄毛の人専用のシャンプーがあるのを知ってますか?
0

薄毛の人専用のシャンプーがあるのを知ってますか?...

薄毛と聞くと高齢の男性がなるイメージがあるかもしれませんが、実は近年は若い男性であっても薄毛で悩んでいる方が多くなっています。 それと同時に薄毛の対策に関する医療技術やメカニズムも進歩してきていて、様々な方法によって薄毛の治療を行えるようになっています。 シャンプーは、ほとんどの方が毎日行う頭皮と頭髪のケアですが、実はこの毎日行うシャンプーにも薄毛の人専用のシャンプーというものがあることをご存知でしょうか。 一般的に使用されているシャンプーと言うのは、実は頭皮や頭髪に付着した汚れを落とす効果は持っているのですが、頭皮環境を整えるなどの効果は持っていません。 むしろ薄毛で悩んでいる方にとっては、さらに頭皮環境を悪化させてしまう恐れもある為、専用のシャンプーが開発されたのです。 一般的なシャンプーには頭皮や頭髪に付着した汚れを落とす目的で石油系界面活性剤を使用していることが多いのですが、この石油系界面活性剤はその強すぎる洗浄力ゆえ、頭皮環境を整えるために欠かせない皮脂の洗浄まで行ってしまいます。 すると頭皮のバリア機能などが低下してしまい、外からの刺激を上手く防ぐことができないようになってしまいます。 これは、薄毛で悩んでいる方にとっては悪影響で、その頭皮環境を保つために欠かせない皮脂を落とし過ぎないように洗浄力の強い石油系界面活性剤を使わないシャンプーが薄毛の人専用のシャンプーとして開発されました。 また、髪の毛の成長は様々な栄養素が必要になる事から、洗浄力の強すぎる石油系界面活性剤を使わないだけではなく、髪の毛の成長に必要な栄養素も頭皮に吸収できるようにと様々な研究が進められて、頭皮環境を整えると同時に、髪の毛の成長を促してくれる様々な栄養素を加えて薄毛の人専用のシャンプーとして販売されるようになりました。 その為、薄毛の人専用のシャンプーと一言で言っても、その種類は数多く存在していて、一般の方でも使用できるものから、専門機関で処方してもらわなければならないものまで数多く存在しています。 AGAに効くニゾラールシャンプー AGAに効果的なシャンプーというのは数多くあり、薬局やドラッグストアで簡単に手に入るものもありますが、やはり効果が高いものとしては医薬品として取り扱いされていて、しっかりと病院で処方してもらわなければならないものの方が効果が高くなっています。 ニゾラールという医薬品はケトコナゾールと言う成分が配合されている薄毛の人専用のシャンプーで、薄毛の本格的な治療としても広く用いられているものになります。 ニゾラールに配合されているケトコナゾールは抗真菌薬と呼ばれる成分で、頭皮に付着している菌を殺菌する効果を持っています。 このケトコナゾールはもともと水虫やカンジダ症の治療で用いられている成分で、真菌を殺菌する効果がある事から皮脂分泌の多い頭皮にも使用されるようになりました。 頭皮には皮脂の分泌が特に多い部分ですが、薄毛になる方の多くは皮脂分泌が多すぎることによって、そこに真菌が繁殖してしまい頭皮環境を悪化させています。 ですので、ニゾラールに含まれるケトコナゾールが繁殖した真菌を殺菌して頭皮環境を整えてくれますので、頭皮環境が整い髪の毛の成長を促すというメカニズムになります。 またニゾラールに配合されているケトコナゾールには、男性の薄毛で最も多いAGAの原因となっている男性ホルモンの一種、DHTの生成を抑制する働きも持っています。 厳密にはDHTを生成する原因の男性ホルモンの一種である5α還元酵素を抑制する働きがケトコナゾールにはある為、DHTの生成も抑制できるという事です。 ニゾラールは頭皮環境を整えてくれますので、フケや痒みの予防効果ももたらしてくれて、髪の毛が成長する為に良い頭皮環境を作り出してくれます。 ただし、このニゾラールは肌に合わないと痒みが出てしまう事もありますので、しっかりと医師の指導の下で使用するように心掛けてください。

パーマや髪の染め過ぎで薄毛になるの?
0

パーマや髪の染め過ぎで薄毛になるの?...

おしゃれのために、また薄毛など髪の悩みをカバーするためにパーマやヘアカラーという手段を選ぶ人が増えています。 しかし美容院でカットと合わせてこれらの施術をすると軽く1万円を超えてしまうため、費用を抑えるためにドラッグストアで販売されている薬液を使えばいつでも好きな時に自分で染めることができます。 この薬液、慣れていない人でも比較的キレイに染めることができるのは、強めの成分が含まれているためで、頻繁に行うことは髪や頭皮にダメージが大きいのでおすすめできません。 薄毛を隠すためにパーマをしても余計に薄毛の症状が進行してしまう可能性があります。 例えば市販の薬液で髪を染めて頭皮がヒリヒリとした経験のある人が少なくありません。 これは含まれている成分の影響で頭皮にアレルギー症状が出ているのが原因です。 症状が気になりながらも自分で染め続けた人の中にはショック症状が出て救急車で病院に運ばれたというケースもあり、このような人は症状が出た時点で使用を中止すべきです。 最近では市販の薬液はどんどん改良され、髪や頭皮に優しい成分が使われるようになりました。 それでも使い方に慣れていないと本来は髪に塗るべき薬液を頭皮に塗ってしまう人がいて、次第にダメージが蓄積していきます。 これが怖いのであれば自分では施術はしない方がいいです。 もしくは自分で行う場合は2~3か月など、できるだけ期間を空けましょう。 そしてパーマやヘアカラーをして終了ではなく、毎日のヘアスタイリングをしっかりと行わなければなりません。 例えばシャンプーは市販のアミノ酸シャンプーや育毛シャンプーなら髪や頭皮にはダメージが少なくておすすめです。 また最近では使ううちに髪に色がついていく白髪染めシャンプーや白髪染めヘアカラートリートメントも販売されていて人気があります。 一方で全てがそうではありませんが、市販されている1000円以下で購入できるシャンプーには、殺虫剤でも使われることがある硫酸という名前を含む洗浄成分が含まれているものが多く、パーマやヘアカラーで弱った頭皮には刺激が強すぎるためおすすすめできません。 この機会に変えてみることをおすすめします。 髪のいじり過ぎで薄毛にならないためには 髪のいじり過ぎで薄毛にならないためにはパーマやヘアカラーをしないことが理想ですが、白髪や薄毛を隠すためにはしないわけにはいきません。 だとしたら髪や頭皮のダメージを最小限に抑えるような方法で行いましょう。 そのためにはまず自分でパーマをしたり、髪を染めるのはやめること。 もしくは数回に1回だけしてあとは美容院で施術をしてもらいましょう。 美容院なら様々な種類の薬液を取り揃えられていて、髪や頭皮の状態に合わせて選んでくれます。 そして100%絶対とは言いませんが頭皮ではなく髪に薬液をつけてくれて、施術後にもしっかりとシャンプーとトリートメントでケアをしてくれるはずです。 そして自宅でも自分でしっかりとスタイリングをすることが重要です。 シャンプーを変えることもそうですが、トリートメントも行いたいです。 市販のパーマ用、カラー用のトリートメントや、どれを選んだらいいかわからない場合には美容院で使っているトリートメントを購入する方法もあります。 あとは外的刺激による髪や頭皮へのダメージも最小限に抑える対策が必要です。 例えばヘアスタイリング剤を使う人はその量をできるだけ減らし、スタイリング剤を使った日の夜にはしっかりとシャンプーで落とすこと、また紫外線の多い時期の外出時には日傘や帽子を使って髪と頭皮を守りましょう。 さらにドライヤーの熱もよくないため、使う時間をできるだけ少なくするためにはシャンプー後にはタオルでできるだけ水分をとり、髪から20cmほど離してまんべんなく温風をあてましょう。 これらを意識したスタイリングをするだけで、髪や頭皮をいたわることができ薄毛の症状が進行するのを抑えることができます。 ぜひ今日から意識してみましょう。

薄毛が遺伝するというウワサの真相
0

薄毛が遺伝するというウワサの真相...

薄毛でお悩みの方の中には、父親がそうだったから仕方ないな、と考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。 経験的には父親の薄毛が遺伝するというウワサには真実味があると感じる場合もままあります。 薄毛や脱毛については、今非常に研究が進んでいて、成人男性に多いAGA(男性型脱毛症)のメカニズムについてはかなりの部分が明らかになってきています。 ここでは薄毛の遺伝に関するウワサの真相に迫ってみましょう。 父親の薄毛が遺伝するというウワサは、半分正しく半分間違っています。 と言うのも薄毛の遺伝は真実ですが、父親の遺伝ではないからです。 AGA体質はX染色体経由で受け継がれていきます。 従って母親の遺伝子が関係していることになります。 父親が薄毛である事は関係がなく、むしろ母方の祖父母に薄毛の人がいるかどうかが問題になるでしょう。 ウワサの真相を明らかにするためには、AGAのメカニズムについて知る事が大切です。 男性ホルモンの1つテストステロンは、毛細血管を通って頭皮の毛穴奥の毛乳頭に存在する還元酵素「5aリダクターゼ」と合わさると、「DHT(ジヒドロテストステロン)」という物質を作り出します。 DHTが毛乳頭の中の男性ホルモン受容体に作用すると強力な発毛抑制作用のある「TGF-β1」という物質を作り出すことで抜け毛を引き起こします。 男性脱毛症AGAは、男性ホルモン受容体があるX染色体の変異に関係することが分かってきています。 男性の遺伝子はXY構成で、Y染色体は父親から、X染色体は母親から受け継がれます。 変異したX染色体を母親から受け継ぐことで男の子供にAGAが発症するのです。 女の子の場合はXX構成となるため変異したX染色体を1つ受け継いでも正常なX染色体が打ち消す働きをするため薄毛を発症しにくくなります。 さらに母親の染色体XXは、その両親のX染色体を1つずつ受け継ぎます。 もし両親のどちらかから変異したX染色体を受け継ぐと母親は変異染色体保持者となります。 この母親が男の子を産むと25%の確立でAGA体質の子供となるわけです。 つまりAGA体質は隔世遺伝で発症すると考えられます。 母方の祖父母で薄毛の人がいたらAGAの確率は高くなるでしょう。 薄毛遺伝が気になる方はAGA遺伝子検査 薄毛が遺伝するというウワサの真相はこれだけではありません。 頭皮にある5aリダクターゼの活性力には個人差があり、この活性力も遺伝で受け継がれます。 活性力が高いほど脱毛しやすい体質になるわけです。 しかも両親のうち、どちらか活性力が強い方の体質が「優性遺伝」によって受け継がれることが分かっています。 ウワサの真相は「薄毛は遺伝する。特に母方の遺伝子は強い影響がある。」ということになります。 ご自分がAGA体質かどうかは遺伝子検査をすれば判明します。 検査は病院や専門機関に行って行う方法と、自宅で検査キットを購入する方法があります。 病院などに行くと毛髪を採取され1か月ほどで検査結果が判明します。 自宅でキットを買う場合では、口内粘膜を採取して検査機関に郵送します。 2~3週間ほどで結果が送付されてくるでしょう。 自宅でキットを購入する方法のほうが若干コストを抑えることは出来ますが、病院などで検査を行えば、そのまま治療にスムーズに繋げられるメリットがあります。 検査の結果、AGA体質である可能性が高いと分かった場合でも、治療を諦める必要はありません。… Read more

喫煙男性
0

薄毛は生活習慣も関係している?...

薄毛や脱毛に悩む人は多く、専門の治療院が増加しているほどです。 原因として考えられるものはいくつかあり、原因を特定することで改善の見込みが得られることがあります。 原因のひとつは、遺伝や体質です。 特に母親から遺伝することが多いといわれていますが、両親や祖父母に薄毛の人がいる場合は、遺伝や体質の影響があります。 遺伝の家系であることを知っておき、それ以外の原因を排除するよう気を付けることで、予防や改善につながります。 男性特有の原因が、男性ホルモンによる影響です。 男性ホルモンが頭皮にある酵素の一種と結びつくことで、薄毛の原因となる男性ホルモンに変化し、それが髪の成長を抑えてしまいます。 女性特有の原因とされているのが、出産です。 出産後、ホルモンバランスの影響で毛周期が変化し、髪の毛が多量に抜けてしまうことがあります。 ホルモンバランスが整ってくると元に戻ります。 また、頭皮環境が乱れていることも原因です。 過剰に皮脂が分泌されたり、頭皮が乾燥してフケなどが出ている状態であると、毛根がふさがり、髪がうまく育ちません。 頭皮に合わないシャンプーを使用したり、過度なパーマやカラーリングなどによって、頭皮環境が悪くなることがあります。 そして、生活習慣によって薄毛が進行することがあります。 例えば、ストレスです。 ストレスを過剰に感じると緊張状態になるため、血管が収縮し、血行が悪くなります。 頭皮の血行が悪くなると、髪に栄養が行き届きにくくなり、太く長い髪に成長しません。 また、睡眠不足や不眠も髪の成長に影響します。 寝ているときには、成長ホルモンが多く分泌されるため、良い睡眠が得られないと、成長ホルモンが分泌されず、頭皮の細胞を修復したり、新しい細胞を作ることができません。 そのため、健康な髪が成長しないというわけです。 ストレスは不眠を招きやすく、血行が悪い上に成長ホルモンが分泌されないと、さらに薄毛が進行する可能性が高まります。 酒とたばこは髪にも悪い このように、ストレスや睡眠不足などの生活習慣によっても薄毛の影響があるのですが、食事の内容も影響することを知っておきましょう。 女性によくあるのが、過度のダイエットです。 偏食をすることで栄養が偏り、髪が成長するための栄養分がいきわたりません。 野菜不足、バランスの悪い食事内容は、髪にとっても栄養不足となります。 逆に、飲みすぎや食べ過ぎもよくありません。 内臓疾患を酷使することで、薄毛が起こることがあります。 そして、薄毛や脱毛を予防、改善したい場合に気を付けたい生活習慣としては、酒やたばこです。 一見、髪の成長とは無関係とも思える生活習慣ですが、酒は、髪の元になる成分がアルコールを分解するときにエネルギーとして使われたり、アルコールが栄養素の吸収を阻害してしまい、髪に栄養がいきわたらないことがあります。 もちろん適度なアルコールは問題はないのですが、飲みすぎてしまうことで頭皮の血行も悪くなってしまいます。 そして、たばこです。 たばこが薄毛の原因になる理由は、有害物質による血行不良が起こるからです。 たばこの成分であるニコチンが、自律神経を刺激し、血管を収縮させるのです。… Read more

薄毛の赤ちゃん
0

ウチの子髪が薄くない!?赤ちゃんの薄毛について...

生まれたばかりの赤ちゃんでも、体の大きさに個人差があるように、髪の毛の量にも違いがあります。 髪の毛がふさふさに生えている子供もいれば、なかなか髪の毛が生えてこなくて、薄毛の状態が長く続く子供もいます。 赤ちゃんの中に薄毛の子供がいるのは個人差もありますが、乳児特有の症状として、一時的に髪の毛が薄くなっている場合もあります。 生まれたばかりの赤ちゃんに生えている髪の毛は、大人の髪の毛よりも細くてやわらかいのが特徴ですが、この髪の毛は一定の時期がくると自然に抜け落ちて、その後から丈夫で強い髪の毛が、新しく生え揃ってきます。 ですから、生まれたばかりの赤ちゃんの髪の毛が薄毛でも、心配する必要はありません。 赤ちゃんに丈夫な髪の毛が生え始めるのは、生まれてからおよそ半年ほど経過した時期が一般的です。 個人差があるために、それよりも早い時期に丈夫な髪の毛が生え始める子供もいれば、普通の子供もよりも薄毛の時期が長く続く場合もあります。 こうした場合でも、しばらくは経過を観察しながら、細い髪の毛が抜け落ちて丈夫な髪の毛が生えてくるのを気長に待ち続ける方が賢明です。 丈夫な髪の毛が新しく生え揃う時期には、それまで生えていた細い毛は自然に抜け落ちますが、こうした時期に大量に抜け毛が生じる場合があるために、一時的に薄毛の状態になる場合もあります。 こうした症状のことを医学的には「新生児生理的脱毛」と呼んでいます。 この症状はほとんどの新生児に現れる症状であるので、髪の毛が生え変わる時期に子供が一時的に薄毛の状態になっても慌てる必要はなく、そのまましばらく時間が経過すれば、自然に新しい髪の毛が生えてきます。 一般的に赤ちゃんの薄毛は、生まれたばかりの乳児としての特有の体質に基づくものがほとんどのために、過剰に気にすることなく、髪の毛が自然に生え揃うままで気長に待ち続けることが、最も効果的で実行しやすい対処法といえます。 赤ちゃんの薄毛が治らないときは 赤ちゃんの髪の毛は自然に生えてくるために、親は特に何もする必要はないのですが、子供によってはなかなか薄毛の状態が治らない場合もあります。 こうした状態の乳児でも、気長に待ち続ければ髪の毛が生えてくることが多いですが、あまりにも長期間、薄毛の状態が続く場合には、赤ちゃんとしての特有の症状の他に、特別な理由が存在している場合も考えられます。 一般的な髪の毛の抜け落ちるサイクル以外で、髪の毛が薄毛になる原因としては、ベッドで赤ちゃんを寝かせる方法に関連するものがあります。 これは赤ちゃんを仰向けの状態で寝かせているときに起こり得る症状です。 仰向けの状態で寝かせられている赤ちゃんは、頭が当たっている後頭部のあたりが擦れて、一時的に髪の毛が抜けやすくなる場合があります。 こうした状態の赤ちゃんは、後頭部の一部分だけが薄毛の状態になるのが大きな特徴です。 このような症状のことを医学的には「乳児期後頭部脱毛」と呼んでいます。 この症状は生まれてから数ヶ月しか経過していない乳児から、半年ぐらいまでの乳児によく見られる症状です。 この症状が現れた赤ちゃんでも、成長するにつれて、自然に髪の毛が生え変わってくるため、特に心配する必要はないのですが、どうしても気になる場合には、子供が寝ている枕の下に敷くタオルケットなどを、子供の髪の毛にとってできるだけ刺激の少ないものを選んで使用するのも一つの方法です。 その他に赤ちゃんの中には湿疹によって髪の毛が抜け落ちたり、自分で自分の髪の毛を抜いたりする場合も稀にあります。 こうした場合にはできるだけ赤ちゃんにとって快適な環境を提供したり、注意深く子供の状態を観察することが有効な方法です。

AGAに悩まされる女性
0

女性もAGAになるって本当?女性の脱毛症FAGA...

男性の問題と思われることも多かった薄毛。 近年女性でも悩んでいる人が増えてきています。 男性の薄毛というと殆どのケースがAGA(男性型脱毛症)と言われています。 これは遺伝と男性ホルモンの影響で起こるもので、メカニズムも解明されつつあり、効果的な治療薬も開発されています。 近年注目されている女性の薄毛種類の1つがFAGA(female of AGA)です。 女性版AGAとも呼ばれ、加齢や過度のダイエットなどが原因で女性ホルモンの分泌量が低下し男性ホルモンの影響を受けやすくなることで起こります。 男性の薄毛では生え際や頭頂部など脱毛する部分に偏りが見られますが、女性の場合は頭髪全体が薄くなる「びまん性脱毛症」の症状を呈することが特徴です。 加齢による自然な女性ホルモンの分泌量の低下によって、中高年の女性の髪が薄くなる現象は一般的によく見られますが、最近では10代や20代の若い人たちの間にもこうした症状が見られるようになっています。 男性のAGAでは、頭皮にある脱毛を促進する物質の働きを阻害する薬を用いることで、効果的な治療に繋げることが出来ます。 しかし女性ではこの優れた薬を使う事が出来ません。 妊娠中にこの薬を使うと胎児が奇形となる危険性がある事が分かっているためです。 薄毛の治療を進めるには原因が何かを特定することが第一歩です。 FAGAなのかそうでないのかを見極めることは大切です。 女性に特有の脱毛症としては、分娩後脱毛症があります。 分娩後に髪が一気にごっそり抜けるという症状が現れるもので、妊娠中に盛んに分泌されていた女性ホルモンの量が分娩後正常に戻るため起こります。 女性ホルモンは髪の成長に良い影響を与えますが、分娩後ホルモンの量が減ると、髪は成長期から一気に休止期に入るため、抜ける毛が増えてしまうのです。 この症状は自然治癒することも多く半年から1年ほどで回復するのが普通です。 またポニーテールなど髪を引っ張って結う髪型を長期間していることで起こる牽引性脱毛症も女性によくある脱毛症です。 その他、フケや皮脂の異常分泌によって起こる脱毛症もあります。 FAGAの改善方法 FAGAを改善するためには生活習慣や食生活を見直すことから始めましょう。 FAGAは女性版AGAとも言われる通り女性ホルモンの分泌が何らかの原因で低下して男性ホルモンの影響を受けやすい事によって起こります。 過度なダイエットやバランスの偏った食生活はホルモンバランスを乱し毛髪に悪影響を与えます。 毛髪はケラチンというタンパク質で出来ていますので、良質なたんぱく質を摂取するように心がけましょう。 また毛髪は睡眠時に成長したり、昼の間に負ったダメージを修復したりしています。 そのため充分な睡眠が大変重要です。 頭皮の血行が良くないとせっかくの栄養も、髪を作り出す細胞に届きません。 頭皮の健康は髪にとって大事で、血行をよくするためのマッサージなどは有効です。 ヘアカラーなどは頭皮にダメージを与える恐れがあるため薄毛の心配がある方は避けた方が良いでしょう。 シャンプーやリンスのすすぎ残しも同じように良くないため、しっかり洗い流すことが必要です。 一日に何度も洗髪することも避けましょう。 ストレスもFAGAに良くない影響を与えます。… Read more

女性の薄毛
0

女性も薄毛で悩んでいる?薄毛女性が似合う髪型...

その人の持って生まれた体質で、髪の毛の質も、もともと細かったりクセがあったり、逆に、太くてまとまりづらかったりと、人それぞれ個性がありますが、もともと髪の毛のボリュームが少ない人が、年を重ねると、薄毛が悩みになることがあります。 男性の薄毛と女性の薄毛では、ちょっと質が違いますが、美を意識する女性にとって、薄毛ですと、ヘアセットに困ることもあるでしょう。 髪型を整えるにしても、ある程度のボリュームがないと髪型がきまりませんし、薄毛は年を取って見えるので、悩みの種です。 似合う髪型がなかなか見つからないのが悩みなのです。 何よりも、薄毛ですと健康的に見えません。 萎えたイメージがついてしまいます。 少しでもできる事はしたいことでしょう。 例えば食事で言えば、わかめや昆布等の海藻類は髪の毛に良いと言いますので、しっかりと食べたいものです。 また、やたらむやみに髪の毛をいじったり、ブラッシングのし過ぎがかえってダメージを与えて、髪の毛のキューティクルを痛めてしまいますので、やさしくブラッシングして下さい。 また、ヘアドライヤーの当て方もポイントがあります。 熱で髪の毛を痛めないように、優しく低温で、少し離した所から風をあてて乾かして下さい。 その時に、ヘアオイルやクリームで髪の毛を保護した状態でドライヤーをかけると、髪の毛を痛めないで済みますので、専用のオイル等で保護して下さい。 これ以上髪の毛を弱らせない様に、不必要なストレスを髪の毛に与えない事です。 あと、日頃のシャンプーも注意が必要です。 かゆみに負けて、ゴシゴシ洗い過ぎたら当然地肌と髪の毛を痛めます。 洗うにも優しさが必要です。 髪の毛を洗った後は、リンスやトリートメント等でケアをする事も大切です。 弱った髪の毛にはとにかく優しく接してあげて下さい。 髪の毛をいたわってあげて下さい。 刺激を与えなければ、変に悪化はしないでしょう。 美しさを維持する為には努力と継続が必要なのです。 薄毛女性が似合う髪型 日頃の薄毛のケアはもちろん、いまある髪型をより似合う髪型にして、綺麗を維持できる様に、美しくみえる髪型を考えてみましょう。 悩みは悩みとしてきちんと受け入れて、それを出さない努力も必要です。 女性は見た目を大切にしますから、薄毛でも似合う髪型を見つけて実践する事です。 まず、女性の場合ですと、髪の長さは男性よりは長いと思いますから、その長さを上手く使う事です。 ブラッシングをするにも、後ろから前ではなく、前から後ろに流すと、髪がオールバックされて、自然と上部に膨らみが生まれます。 空気を入れる様に後ろに持っていったら、それを自然に左右に散らす、これだけでも、髪の毛にボリュームが生まれて、小顔に見えて、誰にも似合うと思います。 ロングヘアよりも、ショートの方が、ボリュームを出せたりします。 逆毛を立てる様に、ブラッシングすると、膨らみが生まれます。 ボブなんかの髪型ですと、わかりやすいです。 ふんわりと空気の様なお手入れをしてあげる事です。 そうすると、女性の顔立ちに似合う髪型になります。 薄毛を感じさせないボリューム感が生まれます。… Read more

プロペシア
0

AGAにはプロペシアやミノキシジルが有効...

薄毛や脱毛には原因別の対処療法が必要になることや、ホルモンバランスの乱れ、遺伝などの原因も考えられるため、血液検査やアレルギー検査が行われることもあります。 本気で薄毛治療に取り組もうとするならやっぱり病院に行って専門医に診察を受けなければならないとわかっていても、脚を運ぶのが大変だったり、人目につくのが恥ずかしいといった理由で二の足を踏む人が少なくありません。 しかし最近ではAGAの薬が個人輸入で手に入りやすくなったことや、薬の種類が増えたことで自宅でも薬で治せるようになってきました。 専門クリニックで処方されるAGAの薬は、プロペシアやミノキシジル、フィナステリド、ザガーロなどが中心です。 特にプロペシアは通販でも気軽に購入できる人気の薬ですし、薬効についても個人輸入で購入したものでもほぼ問題ありません。 ミノキシジルは育毛剤にも使われている一般的なAGAの薬で手軽に手に入れられますので、ミノキシジルを通販で購入してみましょう。 プロペシアやミノキシジルが効かなかった人にはロゲイン、アボルブ、アロビックスなどがおすすめですが、ジェネリックでも手に入れられますし、クリームタイプの外用薬であったりと使いやすい形状なので医師の処方によらなくても気軽に使えます。 クリニックで一般的に処方されるのはプロペシアですし、効果が表れるまで数か月かかるといわれていますから、通販でプロペシアと育毛剤ミノキシジルを購入して気長に自分なりに対処しても問題ありませんし、コスト面でも安く済みます。 プロペシアは脱毛本数が多い人に、ミノキシジルは健康な発毛を促進する働きがありますから、体質に合えばクリニックに行く必要がなく、自宅でもAGAを治せることになります。 AGA治療薬といえばプロペシア 進行性の脱毛に効くといわれ、クリニックでも基本的に処方されるのが代表的なAGA用の薬の一つであるプロペシアです。 アメリカのメルク社から販売されており、AGAの原因となる酵素を阻害し、ヘアサイクルを乱すホルモンの生成を抑制してくれます。 つまりプロペシアは脱毛を抑制し発毛促進をするという効果を持っています。 有効成分フィナステリドが主成分で、男性ホルモンのジヒドロテストステロンを作り出す酵素5アルファリダクターゼを阻害し、抜け毛を防止します。 髪の成長が止まってしまうので、頭皮の地肌が気になる、抜け毛の本数が多い、髪の毛が細くなってきたという症状が気になるようならプロペシアを利用し始めるタイミングといえます。 短い毛ばかりになり、艶やコシが失われていくのがAGAの特徴ですから、早めの治療がおすすめです。 頭髪は2年くらいのサイクルで新しい髪の毛が生え変わるように成長期、退行期、休止期のサイクルができていますが、AGAでは成長期が極端に短くなります。 毛が薄く進行性が早いため、あっという間に薄毛になってしまいますから、プロペシアをうまく使って自宅で治せるようにするのがおすすめです。 プロペシアと併用したいミノキシジル プロペシアは効果が高く一般的に処方される薬ですが、治せるのはAGAのみです。 円形脱毛症や脂漏性脱毛症などの方は効果が見られません。 プロペシアは男性ホルモンを調整して薄毛を治すというメカニズムになっていますので、ホルモンとは無関係な薄毛や脱毛は治せません。 また男性ホルモンに影響しますので適量を服用することが必要です。 1年ほど使用してみて効果がないようなら薄毛の原因はホルモン系が理由ではないのかもしれません。 ミノキシジルは外用薬と内用薬があり、頭皮の血流を促進し、栄養を補給し、毛髪の再生を促進してくれます。 血圧低下、かぶれやかゆみなどの副作用の心配がありますので外用薬や育毛剤として使うのがおすすめです。 濃度が高いほうが効果がありますが、自宅で治せることを目的に利用する場合には育毛剤などの濃度の低いものを様子を見ながら使うと良いでしょう。 3か月くらいは体調や髪質の変化をチェックすることが必要です。

乱れた食生活を送る男性
0

薄毛のほとんどの原因はAGA?

薄毛の原因はAGAのことが多いですが、他の理由で髪が抜けるようになる人もいます。 例えばストレスや偏った食生活により、薄毛になることがあります。 AGAは男性ホルモンが原因になって起きる病気ですが、ストレスや食生活による薄毛の場合は病気とは言えないので、自分の生活習慣を見直し、それを改善することで治ることがあります。 ストレスによる抜け毛は意外に多く、原因に気付きにくいことがあります。 薄毛の大きな原因の一つに、頭皮の環境の悪化があります。 頭皮が乾燥しすぎていたり、頭皮に細菌が多くなると髪が抜けやすくなります。 このタイプの薄毛もAGAとは異なっています。 AGAは男性ホルモンが増えすぎることが発症の原因になります。 頭皮の状態が悪い人も、男性ホルモンが過剰になっていることがありますが、シャンプーや育毛剤などを使えば、頭皮の状態が改善することは多いです。 AGAの人も頭皮の状態を良くすることは、マイナスではありません。 しかし、頭皮の状態を良くするだけでは、髪の毛が抜けるのは止まらないことがほとんどです。 頭皮の状態の他には、アトピーによって髪が抜ける場合もあります。 アトピーの人は皮膚が乾燥しています。 頭皮が乾燥しており、それによって髪が抜けやすくなります。 またアトピーの人は頭皮の部分に強いかゆみを覚えることがあります。 なるべく頭皮を引っ掻かないようにするのが良いのですが、我慢できずに掻いてダメージを与えてしまい、それによって髪が多く抜けることがあります。 頭部に湿疹ができることもあります。 このような場合の薄毛はAGAとは全く異なった方法を使わなければなりません。 頭皮の乾燥を防ぐために、保湿成分の入ったシャンプーを使ったり、痒みが強い時は、薬剤を塗布したりします。 薬剤の中には抗炎症効果のあるステロイドが含まれていることがあります。 アトピーによる薄毛は治りにくいことがあり、長期にわたって薬を使うことがあります。 AGAで薄毛になるメカニズム AGAは髪の生えるサイクルが短くなります。 普通の状態だったら、髪の生える成長期は長く続くのですが、この病気になると短くなります。 それによって、毛球が縮んでいきます。 毛球の部分は髪の成長に重要なところです。 ここが十分に発達しないで、退化すると髪が抜けやすくなります。 毛球が完全に退化してしまうこともあります。 AGAでなければ、髪の成長期は長くなります。 その長い期間に毛球は太くなっていきます。 髪の根元の部分がしっかりと安定するので、髪が簡単に抜けることはありません。 普通の人の場合は、髪の成長期は2年から6年になっています。 しかし、AGAの人の場合は、髪の成長期は数ヵ月から1年程度です。 髪の成長期が短くなるのは、男性ホルモンのためです。… Read more