Category: 未分類

プロペシア
0

AGAにはプロペシアやミノキシジルが有効...

薄毛や脱毛には原因別の対処療法が必要になることや、ホルモンバランスの乱れ、遺伝などの原因も考えられるため、血液検査やアレルギー検査が行われることもあります。 本気で薄毛治療に取り組もうとするならやっぱり病院に行って専門医に診察を受けなければならないとわかっていても、脚を運ぶのが大変だったり、人目につくのが恥ずかしいといった理由で二の足を踏む人が少なくありません。 しかし最近ではAGAの薬が個人輸入で手に入りやすくなったことや、薬の種類が増えたことで自宅でも薬で治せるようになってきました。 専門クリニックで処方されるAGAの薬は、プロペシアやミノキシジル、フィナステリド、ザガーロなどが中心です。 特にプロペシアは通販でも気軽に購入できる人気の薬ですし、薬効についても個人輸入で購入したものでもほぼ問題ありません。 ミノキシジルは育毛剤にも使われている一般的なAGAの薬で手軽に手に入れられますので、ミノキシジルを通販で購入してみましょう。 プロペシアやミノキシジルが効かなかった人にはロゲイン、アボルブ、アロビックスなどがおすすめですが、ジェネリックでも手に入れられますし、クリームタイプの外用薬であったりと使いやすい形状なので医師の処方によらなくても気軽に使えます。 クリニックで一般的に処方されるのはプロペシアですし、効果が表れるまで数か月かかるといわれていますから、通販でプロペシアと育毛剤ミノキシジルを購入して気長に自分なりに対処しても問題ありませんし、コスト面でも安く済みます。 プロペシアは脱毛本数が多い人に、ミノキシジルは健康な発毛を促進する働きがありますから、体質に合えばクリニックに行く必要がなく、自宅でもAGAを治せることになります。 AGA治療薬といえばプロペシア 進行性の脱毛に効くといわれ、クリニックでも基本的に処方されるのが代表的なAGA用の薬の一つであるプロペシアです。 アメリカのメルク社から販売されており、AGAの原因となる酵素を阻害し、ヘアサイクルを乱すホルモンの生成を抑制してくれます。 つまりプロペシアは脱毛を抑制し発毛促進をするという効果を持っています。 有効成分フィナステリドが主成分で、男性ホルモンのジヒドロテストステロンを作り出す酵素5アルファリダクターゼを阻害し、抜け毛を防止します。 髪の成長が止まってしまうので、頭皮の地肌が気になる、抜け毛の本数が多い、髪の毛が細くなってきたという症状が気になるようならプロペシアを利用し始めるタイミングといえます。 短い毛ばかりになり、艶やコシが失われていくのがAGAの特徴ですから、早めの治療がおすすめです。 頭髪は2年くらいのサイクルで新しい髪の毛が生え変わるように成長期、退行期、休止期のサイクルができていますが、AGAでは成長期が極端に短くなります。 毛が薄く進行性が早いため、あっという間に薄毛になってしまいますから、プロペシアをうまく使って自宅で治せるようにするのがおすすめです。 プロペシアと併用したいミノキシジル プロペシアは効果が高く一般的に処方される薬ですが、治せるのはAGAのみです。 円形脱毛症や脂漏性脱毛症などの方は効果が見られません。 プロペシアは男性ホルモンを調整して薄毛を治すというメカニズムになっていますので、ホルモンとは無関係な薄毛や脱毛は治せません。 また男性ホルモンに影響しますので適量を服用することが必要です。 1年ほど使用してみて効果がないようなら薄毛の原因はホルモン系が理由ではないのかもしれません。 ミノキシジルは外用薬と内用薬があり、頭皮の血流を促進し、栄養を補給し、毛髪の再生を促進してくれます。 血圧低下、かぶれやかゆみなどの副作用の心配がありますので外用薬や育毛剤として使うのがおすすめです。 濃度が高いほうが効果がありますが、自宅で治せることを目的に利用する場合には育毛剤などの濃度の低いものを様子を見ながら使うと良いでしょう。 3か月くらいは体調や髪質の変化をチェックすることが必要です。

乱れた食生活を送る男性
0

薄毛のほとんどの原因はAGA?

薄毛の原因はAGAのことが多いですが、他の理由で髪が抜けるようになる人もいます。 例えばストレスや偏った食生活により、薄毛になることがあります。 AGAは男性ホルモンが原因になって起きる病気ですが、ストレスや食生活による薄毛の場合は病気とは言えないので、自分の生活習慣を見直し、それを改善することで治ることがあります。 ストレスによる抜け毛は意外に多く、原因に気付きにくいことがあります。 薄毛の大きな原因の一つに、頭皮の環境の悪化があります。 頭皮が乾燥しすぎていたり、頭皮に細菌が多くなると髪が抜けやすくなります。 このタイプの薄毛もAGAとは異なっています。 AGAは男性ホルモンが増えすぎることが発症の原因になります。 頭皮の状態が悪い人も、男性ホルモンが過剰になっていることがありますが、シャンプーや育毛剤などを使えば、頭皮の状態が改善することは多いです。 AGAの人も頭皮の状態を良くすることは、マイナスではありません。 しかし、頭皮の状態を良くするだけでは、髪の毛が抜けるのは止まらないことがほとんどです。 頭皮の状態の他には、アトピーによって髪が抜ける場合もあります。 アトピーの人は皮膚が乾燥しています。 頭皮が乾燥しており、それによって髪が抜けやすくなります。 またアトピーの人は頭皮の部分に強いかゆみを覚えることがあります。 なるべく頭皮を引っ掻かないようにするのが良いのですが、我慢できずに掻いてダメージを与えてしまい、それによって髪が多く抜けることがあります。 頭部に湿疹ができることもあります。 このような場合の薄毛はAGAとは全く異なった方法を使わなければなりません。 頭皮の乾燥を防ぐために、保湿成分の入ったシャンプーを使ったり、痒みが強い時は、薬剤を塗布したりします。 薬剤の中には抗炎症効果のあるステロイドが含まれていることがあります。 アトピーによる薄毛は治りにくいことがあり、長期にわたって薬を使うことがあります。 AGAで薄毛になるメカニズム AGAは髪の生えるサイクルが短くなります。 普通の状態だったら、髪の生える成長期は長く続くのですが、この病気になると短くなります。 それによって、毛球が縮んでいきます。 毛球の部分は髪の成長に重要なところです。 ここが十分に発達しないで、退化すると髪が抜けやすくなります。 毛球が完全に退化してしまうこともあります。 AGAでなければ、髪の成長期は長くなります。 その長い期間に毛球は太くなっていきます。 髪の根元の部分がしっかりと安定するので、髪が簡単に抜けることはありません。 普通の人の場合は、髪の成長期は2年から6年になっています。 しかし、AGAの人の場合は、髪の成長期は数ヵ月から1年程度です。 髪の成長期が短くなるのは、男性ホルモンのためです。… Read more